ポツポツ目立つ黒い毛穴は、正しいケアでツルツルになります!

投稿日:

小鼻周りや顎など、手が触れた瞬間に「ザラッ」という感触が気になる……なんてことありますよね。

また、ファンデーションを塗っているときにポツポツと黒ずみが目立ったり、クレンジングのときに凹凸が気になる……ということも経験があるのではないでしょうか。

そんなとき、気になるからといってつい自分で取ってしまうのはNGです!!

一度できてしまった角栓は、自然に取れるまで正しいケアをゆっくりと行うことが大切。

角栓のない綺麗なお肌を目指すために、正しいケア方法を学んでいきましょう!

なんで角栓が詰まってしまうの?

人間の肌には毛穴が無数にあり、毛穴の奥の皮脂腺から皮脂が分泌されています。

正常な状態の毛穴からは適度な量の皮脂が出てくるので、皮膚や髪の毛が油分でコーティングされて外的刺激から守られるのです。

しかし、何らかの原因で毛穴が狭くなったり、過剰な量の皮脂が分泌されたりすると、皮脂が毛穴から出られず溜まったままになります。

これが酸化して固くなると「角栓」となってしまうのです。

それでは、角栓の原因となる生活習慣を具体的に見ていきましょう。

  • ストレス
  • 疲労
  • 食生活の乱れ
  • 長時間のメイク
  • クレンジング・洗顔不足
  • 皮脂の取りすぎ

油っこいものを食べ過ぎたときや、忙しくて睡眠不足のときにニキビができてしまったということはありませんか?

人間の肌は生活習慣に大きく関係しており、不規則・不摂生な生活をしていると皮脂の分泌量が過剰になってしまうことがあります。

特に女性は月経があり、妊娠や出産などのイベントを経験する場合があるので、ホルモンバランスが崩れがちです。

さらに、女性はメイクをする方も多いですよね。

肌の上にファンデーションやパウダーなどを塗っていると、毛穴の奥にメイクの成分が入り込んでしまいます。

丁寧にクレンジングや洗顔を行っていれば角栓になりにくいのですが、クレンジングが不十分だと残ったメイクの成分が皮脂と混ざり、角栓へと成長します。

その中でも、

  • リキッドファンデーションなどを用いた濃いメイクを行っている人
  • 長い時間メイクをしたままにする人

こんな方は特に角栓ができやすい環境になっているので気をつけて下さい。

メイクをしたままなのについ寝落ちしてしまった……などは絶対に避けてくださいね。

角栓の正しいケア方法

無理やり取るのは絶対にやめて!

ぽつんと出た角栓は、つい取ってしまいたくなりますよね。

気持ちはわかりますが、美肌を保ちたいなら絶対にやめましょう。

  • 指で押し出す
  • コメドプッシャーで出す
  • 毛穴パックで剥がす

これらの方法は、肌にとても負担を与えるので避けてください。

角栓を無理やり取るとザラついた感触はなくなりますが、毛穴はぽっかりと開いたままの状態です。

開いた毛穴には汚れが溜まりやすく、新たに角栓ができやすい環境になってしまいます。

そしてまた角栓を取り、開いた毛穴に汚れが溜まり……という悪循環を繰り返しているうちに、毛穴が大きく広がったままになるという結果になることも。

こうなってしまうと、大きく開いた毛穴はセルフケアではもとに戻らず、肌のたるみとともに垂れ下がって深いシワの原因に。

本当に角栓をなくしたいなら、丁寧に時間をかけて自然に取れていくのが一番良いのです。

次では、角栓をなくすためのケア方法を解説していきます。

丁寧な生活とケアを心がけよう

上でも解説したとおり、まずは毎日のクレンジングと洗顔を丁寧に行っていくことが基本です。

クレンジングは雑に済まそうとせず、手のひらでクルクルと円を書くように優しく落としていって下さい。

小鼻や顎など角栓が気になる場所は少し多めにクルクルしてみましょう。

また、メイクの濃さによってクレンジングを使い分けていますか?

濃いメイクの際は、落とし残しが無いようにしっかりとした洗浄力のあるオイルタイプのクレンジング。

薄いメイクの際は、必要以上に負担をかけないようミルクタイプやクリームタイプのクレンジング。

このように、2種類以上のクレンジングをメイクに合わせて使うことで肌状態を適切に保つことができます。

※シートタイプのクレンジングは手軽ですが、摩擦が強いわりに毛穴汚れを十分に落としきれません。できるだけ使わないようにしてください。

 

クレンジングで汚れを落としたら、たっぷりの泡で洗顔をしましょう。

このときも、優しくクルクルと洗って肌をこすらないようにしてください。

洗い流しも丁寧に行って、石鹸が残ったりしないように。

化粧水は引き締め効果のあるものを選ぶと、毛穴がキュっと締まって角栓ができにくくなるのでおすすめです。

最後に、乳液やクリームで潤いを保ってあげましょう。

油分があると角栓ができやすくなるのでは?と勘違いされる方が多いのですが、実は乳液やクリームは必ず塗ってほしいのです。

角栓や汚れが毛穴から出やすくなるためには、柔らかいお肌が必要です。

また、潤いが足りていないとお肌は皮脂を分泌して自ら潤すようになり、水分が足りていないのになぜかテカテカのお肌……という「インナードライ肌」になってしまいます。

乳液やクリームのベタつきが気になる方は、さっぱり系のものを選んでごく薄く重ねるようにしてください。

まとめ

角栓の原因と正しいケア方法についてご紹介しました。

角栓は長い時間をかけて作られてしまうものなので、ケアにも同じように長い時間がかかります。

普段の生活習慣から改善していき、内側から整った美肌を目指していきましょう!

Copyright© Coyori(こより)を試してみた!レビューブログ , 2019 All Rights Reserved.