美容液と美容オイルどちらを使うべきか悩んでいる人へ

投稿日:

美容液と美容オイルは、どちらも美容成分が含まれていて、有効成分を補う役割がありますが、どんな違いがあるのか気になりますよね。

また、美容液と美容オイルのどちらを使用したらよいのか迷いますよね。

そこで美容液と美容オイルの違いや、効能、選び方について紹介したいと思います。

美容液と美容オイルの違いとは?

美容液と美容オイルの違いは、美容液は、有効成分を補いながら肌に浸透させるようにできているのに対して美容オイルは、有効成分を補いながら、それを失われないようにフタをする目的があることです。

肌に油分が不足していると角質層の水分を抱え込む力が低下して表皮から水分が蒸発して失われてしまいます。

油分が不足しがちな肌に美容液で美容成分を補っても、肌に油分が不足しているとすぐに美容成分が失われてしまうのです。

そこで美容オイルを利用して表皮から水分が蒸発してしまわないようにフタをするのが効果的なのです。

 

美容液と美容オイルの効能について

美容液は、美容成分を補うことができます。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分に加えてビタミンC誘導体といった抗酸化成分などが配合されていて肌によい成分を浸透させていくことで美肌に導いてくれる効能があります。

美容オイルは、肌の失われた油分を補い化粧水などで補った保湿成分を失わないようにフタをしてくれる効能があります。

もちろん、有効成分が含まれている美容オイルもありますが、美容オイルの目的は、油分を補うことです。

 

美容液と美容オイルで迷った場合

美容液と美容オイルのどちらを使用したらよいか迷う場合もありますよね。

そんなときは、自分の肌状態を見てみましょう。

肌が乾燥しやすかったり、カサカサしやすい場合は、油分が不足していると考えられるので、美容オイルを使用するのがおすすめです。

一方で、肌が潤っていて、油分が不足していない肌の場合は、美容液でしっかり有効成分を補うとよいでしょう。

油分が不足していない肌状態の場合は、美容液の美容成分がしっかり浸透するので美容オイルを使用しなくても大丈夫です。

自分の肌状態をよく確認して肌に油分が足りないかどうか考えると美容液を利用するか美容オイルを利用するか決めやすくなります。

 

美容液と美容オイルを併用するメリットとデメリット

美容液と美容オイルは、併用することもできます。

美容液で美容成分をたっぷり補って、美容オイルでフタをするのが効果的です。

二つを組み合わせて使用すると肌に美容成分をしっかり浸透させることができておすすめです。

ただ、ベタベタしすぎるというデメリットもあります。

二つを併用して使用する場合には、美容オイルは、薄めに塗るとよいでしょう。

肌の乾燥がひどい場合は、美容液と美容オイルを併用することで、肌に美容成分をしっかり浸透させることができるからおすすめです。

上手く活用していきましょう。

 

美容オイルは、エイジングケアにもおすすめ

美容オイルは、エイジングケアにもおすすめです。

美容オイルとして人気があるホホバオイル、アルガンオイル、ココナッツオイルには、抗酸化作用が含まれていてエイジングケアにも効果的です。

また、顔以外にも、体や髪の毛にも使えるので、乾燥が気になる場所や、パサついた髪の毛などにも使えて大活躍してくれます。

顔以外にも使用することができるのは便利で嬉しいですよね。

特にパサついた髪の毛は、美容オイルで潤いを補うことができるのでぜひ活用しましょう。

美容オイルは、油分を補いながらエイジングケアもできるから魅力的です。

 

まとめ

美容液と美容オイルの違いと効能、選び方などについて紹介しました。

今、話題の美容オイルですが、自分の肌に合うのかよく肌状態をチェックしてから使用するのがおすすめです。

油分が不足している肌の方には、おすすめですが、油分がしっかりある肌の方には、必要ない場合もあります。

自分の肌状態に合わせて美容液を使用するか美容オイルを使用するか決めていきましょう。

Copyright© Coyori(こより)を試してみた!レビューブログ , 2019 All Rights Reserved.