粉ふき肌を予防したい!粉ふき肌はどうすれば良くなる?

投稿日:

冬は特に乾燥が気になる季節と言えます。

毎年冬には乾燥して肌がカサカサになってしまう、粉ふき肌になってしまうという人も少なくありません。

そんな粉ふき肌で悩む女性の為に粉ふき肌とは?その原因と改善方法について説明していきます。

粉ふき肌とは

粉ふき肌とは冬になり空気が乾燥すると肌がカサカサになり白い粉がふいた状態になることです。

粉ふき肌になってしまうと化粧のノリが悪くなりますし、あと痒みを感じてしまいます。

ですが実は粉ふき肌は冬限定のことではなく1年中肌は乾燥のリスクにさらされています。

夏は空気は乾燥していなくても汗と共に水分が失われることで肌が乾燥してしまいますし、あとエアコンによる乾燥や紫外線が原因で粉ふき肌になってしまうケースもああるからです。

粉ふき肌はきちんと対策しないとシミ、しわなどの老化を促進する原因となるのでアンチエイジング対策として1年中乾燥対策をする必要があります。

粉ふき肌の原因

粉ふき肌とは肌が乾燥してカサカサの状態で粉がふいてしまいますが、この原因は肌のバリア機能が低下しているからです。

肌の内側にある角質層は元々は水分が存在し、セラミドといった細胞間脂質で潤っています。

そして、肌が潤った状態なら表面の皮脂膜により水分が逃げない様にすることで、外部からの刺激から肌を守ってくれます。

ですが、リア機能が低下すると角質にヒビが入ってしまい捲、れやすい状態となるので肌の水分は失われてしまいます。

その結果、紫外線といった外部のダメージを防ぎきれなくなるのです。

肌が粉がふいたみたいになるのは剥がれた角質層のせいです。

あと、乾燥でダメージを受けた肌は早く剥がれ落ちてしまうので、ターンオーバーが乱れてしまいます。

細胞は未熟な状態で角質層に表れるので、カサカサの粉がふいた状態になります。

そして、粉ふき肌はバリア機能がしっかりと作用せずに、さらに乾燥するといった悪循環に陥ってしまいます。

粉ふき肌の改善方法

粉ふき肌とは何か、その原因についての知識を得た後に最も重要になるのがその改善方法と言えます。

これから粉ふき肌を改善する為の方法を3つ紹介していきます。

洗顔の見直し

オイル系のクレンジングを使用すると肌への負担が大きいので、洗顔料の見直しをして肌に優しいクリームやジェル、もしくはリキッドタイプの商品を選ぶようにして下さい。

あと洗顔料が肌に残ると肌荒れの原因となるのでしっかりと洗い流すことが重要です。

洗顔時には熱いお湯や冷水は使用せずにぬるま湯で洗うことがポイントと言えます。

お湯や冷水は弱った肌の負担となるので注意しましょう。

あとゴシゴシ擦るのはNGでしっかりと洗顔料を泡立てて使って下さい。

洗顔後はしっかりと保湿

顔を洗った後はすぐに化粧水や乳液で保湿をすることが大切です。

肌には元々保湿成分が存在し、角質層にはセラミド、尿素、アミノ酸が含まれています。

さらに皮膚の下、真皮にはヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンといった保湿成分がありますが、加齢と共に減少してしまうので、これらの成分をしっかりと化粧品で補給してやるようにして下さい。

栄養分を摂取

スキンケアで保湿をしてターンオーバーが正常化する、さらに肌のバリア機能が働く為にきちんと栄養分を摂ることが重要です。

乾燥肌の人に摂取して欲しい栄養素はビタミンA、B、Eでターンオーバーを促進する作用があります。

他にも炎症を抑制するビタミンB、角質層の細胞間脂質のセラミドを食品から摂取するように心がけましょう。

これらの栄養素が多く含まれている食品としてはこんにゃく、豆類、ヒジキなどを挙げることが出来ます。

あと新陳代謝を促す亜鉛が乾燥肌対策に必要不可欠で牡蠣、赤身牛肉、卵黄、たらこを食べるようにして下さい。

まとめ

肌が乾燥してしまいバリア機能が低下することで粉ふき肌になってしまう人は少なくありません。

そんな人は粉ふき肌の原因を理解した上できちんと対策をすることが重要です。

粉ふき肌の改善方法としては洗顔料を見直す、しっかりと保湿をする、ターンオーバーを促進する栄養素を摂取するように心がけることが大切です。

根本的な改善をしないとどれだけ高額な美容液を使用しても粉ふき肌は改善しないのできちんと対策をして健康な肌を目指して下さい。

Copyright© Coyori(こより)を試してみた!レビューブログ , 2019 All Rights Reserved.