肌のオイルコントロールで乾燥・テカリ知らずの美肌へ!

投稿日:

40代、50代……と歳を重ねたとしても、いつまでも綺麗な肌でいたい。

でも、皮脂によるメイク崩れやニキビ、乾燥による粉吹きや肌荒れに困っている……。

誰しもそんな悩みを抱えていると思いますが、ずっと美肌でいたいという望みを実現させるなら「肌のオイルコントロール」を行うことが必要不可欠です。

この記事では、

  • 理想的な肌の状態とは何か
  • 毎日のスキンケアでオイルコントロールをする方法
  • 皮脂の量と乾燥を改善させる方法

これらのことについて詳しく解説していきます。

乾燥やテカリなど、肌トラブルに悩んでいる方はぜひご覧ください。

理想的な肌の状態を解説

脂性肌、乾燥肌、混合肌……肌質には様々な種類がありますが、その中でも最も理想的な状態であるのが「普通肌」と呼ばれる肌質です。

普通肌は、皮脂の分泌量が多すぎることも少なすぎることもなく、水分とのバランスもちょうどよく保たれている状態の肌のことをいいます。

しかし、10代~20代の頃は普通肌でトラブルがあまりなくても、40代に近づいてから「皮脂の分泌量が最近増えてきた……」「明らかに水分量が減ってカサカサする……」といった声はよく聞きます。

その理由は、「ホルモンバランスの乱れ」と「肌内部の成分の変化」の2つと言われています。

30代以降になるとホルモンバランスが乱れやすくなり、皮脂の分泌を司るホルモンが過剰に分泌されるようになります。そのため、皮脂の分泌が多いと感じている人は「ホルモンバランスの乱れ」が原因なことが多いです。

また、年齢を重ねるにつれて角質層に含まれているセラミドという物質が減少していきます。このセラミドは水分保持機能を持つため、セラミドが失われると肌のうるおいも少なくなってしまいます。そのため、肌がカサつく人は「肌内部の成分の変化」が原因なことが多いです。

さらに、もともとの皮脂量やスキンケアの方法によっても肌状態は変化します。

皮脂が多すぎるとニキビや角栓などのトラブルを引き起こしてしまいますよね。

皮脂が少なすぎるとさらに乾燥が進んだり、肌が自身を守ろうと余計に皮脂を出してしまいインナードライ肌と呼ばれる肌質に変化してしまったりします。

肌質や加齢による変化は個人差がありますが、肌を綺麗な状態のままにするためには正しいスキンケアが欠かせません。

自分の今の皮脂量や肌状態の変化を見逃さないようにし(=オイルコントロール)、自分の肌に足りていないものを補ってあげられるようなスキンケアを行っていきましょう。

正しいオイルコントロールの方法とは?

肌質の見極め方

まずは、自分がどの肌質なのかきちんと見分けることが大切です。

脂性肌だと思っていたらインナードライ肌だったり、混合肌だと思っていたら乾燥肌だったり、意外にも本当の肌質と自分の思っている肌質とが異なっていることがあります。

肌質を勘違いしたままスキンケアを行ってしまうと、肌質が改善するばかりかさらに肌トラブルを悪化させてしまう可能性もありますので十分に気をつけて下さい。

そこで、最初に紹介するのは自宅でもできる簡易的な肌質チェックです。

step
1
洗顔する

最初は、いつもどおりの洗顔を行いましょう。

洗顔が終わったら、タオルで水分を優しく拭き取ります。

step
2
そのまま放置する

次のステップで大切なのが、スキンケアを「行わず」放置すること。

つい化粧水だけでも……と思いがちですが、ここで何か塗ってしまうと本当の肌質がわかりません。

乾燥している日は5分~蒸し暑い日は10分程度放置し、肌の変化を見ていきましょう。

step
3
肌質をチェック

時間が経つにつれて肌状態が少しずつ変化していると思います。

どの肌質に当てはまるか、じっくりとチェックしてみて下さい。

  • 乾燥肌:肌全体が突っ張りカサカサ感がある。粉を吹いたり、角質が浮いてきたりする。
  • 普通肌:突っ張り感もベタつきもなく、表面がサラッとしている。肌を触ると適度にしっとり。
  • 混合肌:全体的に突っ張りを感じる。Tゾーンなどはベタつくが、目元や口元は乾燥している。
  • 脂性肌:Tゾーンを中心に顔全体がベタつく。突っ張り感は感じない。
  • インナードライ肌:Tゾーンを中心にベタつきを感じ、さらに突っ張り感がある。

自分の肌質がわかったら、それぞれのスキンケア方法を学んでいきましょう。

普通肌

水分と油分のバランスがちょうどよく保たれているので、このままの状態をキープしていきましょう。

特にスキンケアを変化させる必要はありませんが、季節や体調によって皮脂量は変化していくものなので、常にオイルコントロールを念頭において下さい。

脂性肌

皮脂量を少なくするようオイルコントロールする必要があります。

油っこい食事は皮脂量を増加させてしまいますので、野菜中心のあっさりした食事を心がけて下さい。

また、ストレスや睡眠不足でも過剰に皮脂が分泌されることがありますので、規則正しい生活を送るようにしましょう。

乾燥肌

乾燥だけでなく、摩擦や紫外線など外的刺激に弱い状態になっています。

クリームや美容オイルなど保湿力の高いアイテムを取り入れ、肌を守るようにしましょう。

また、スキンケアの際に肌をゴシゴシ擦ることは厳禁です。

混合肌・インナードライ肌

ベタつく部分もあるからといって脂性肌向けのケアはNGです。

まずは保湿を第一に、パーツごとに適切なケアを行っていきましょう。

皮脂崩れを避けようとして化粧水のみだと保湿力が足りないことがあるので、乳液などでしっかりと肌の潤いを守って下さい。

ベタつきが気になる小鼻や額は、ティッシュやコットン、スポンジなどで軽く押さえる程度にしましょう。

あぶらとり紙やパウダーなどは皮脂や水分を取りすぎてしまうので控えて下さい。

まとめ

せっかくオイルコントロールをするなら、自分に最も合う方法で行いたいですよね。

自分の皮脂量を調節すれば、肌トラブルはだんだん遠ざかっていきます。

この記事を参考にし、いつまでも美しいつややかな肌を目指して下さい。

Copyright© Coyori(こより)を試してみた!レビューブログ , 2019 All Rights Reserved.