乾燥肌の原因と対策

更新日:

乾燥肌の人は潤いが少なく、肌がかさつきやすくなり肌が荒れやすくなります。

乾燥肌の原因は一体何か悩んで困っている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、乾燥肌の原因や対策について分かりやすく説明します。

 

乾燥肌の原因

加齢により肌が弱くなっている

加齢になると肌が弱くなり、肌が荒れやすくなります。

どんなにお手入れしていても、ある程度の年齢になると乾燥しやすくなる傾向にあります。

その理由は、肌を保護する機能の低下、免疫力の低下、加齢によるホルモンや分泌のバランスの低下です。

肌が乾燥してくると肌が荒れやすくなり、肌のバランスが崩れてしまいます。

肌のバランスが崩れていると、10代や20代の頃のようなお手入れをしてもいつも肌のお手入れが物足りない状態になってしまいます。

水分の低下

水分が体から出したままの状態でいると、当然乾燥しやすくなります。

水分は口から水分を補給したり保湿ケアをしない限り、体の中に永遠と水分があるわけではありません。

人によっても違いますが、肌や体の中の水分が出やすい人は乾燥肌になりやすくなります。

水分が不足するとどうなるかというと、肌を保護している機能が低下してしまいます。

乾燥肌ではない人が肌が丈夫なのは、この保護している機能が壊れておらず、水分がいつも体内や肌にあるためいつでも補える状態にあるからです。

栄養不足

栄養不足になると肌が乾燥しやすくなり肌が荒れやすくなります。

特に気になる栄養素はビタミンCです。

ビタミンCには体内に補給出来る水分も沢山含まれているし、体内の肌を回復する成分も含まれているからです。

もちろん野菜などの栄養素も大事ですが、ビタミンCを取っているか取っていないかどちらの方が肌にいいかというと、ビタミンCを普段取っている人の方が肌がきれいです。

ビタミンCにはどんな食べ物があるかというと、特に果物でみかんやりんごに多く含まれています。

栄養不足になったり水分不足になると肌のダメージが大きくなります。

 

乾燥肌の対策

体内の中から水分を補う

まず最初の改善策は体の中から水分を補うことです。

体の中から補うとはどんなことかというと、食べて栄養補給をしたり水分を取ることです。

水分を少し多めに取ることで、体の中で乾燥している肌にも水分がわたります。

栄養補給のことを気にしながら食事を取ることで、肌の乾燥を和らげることができ、乾燥肌のダメージの対策になります。

ただいくら栄養補給がいいからといっても、栄養を取りすぎると肥満やコレステロールの増加に繋がり、別の体の心配をしなくてはいけないようになります。

栄養も沢山取りすぎない程度に程よく、果物や野菜をいつもより少し多めにして意識して食べるように心掛けます。

普段野菜や果物を取っている人はもう一度栄養が欠けているのはないか見直すことも大事です。

体の外から水分を補う

水分を補うのは食べたり飲んだりするだけではありません。

食べることや肥満を気にしている場合、気にしていない人ももちろん保湿ケアをすることで肌の機能を保護することが出来ます。

普段乾燥肌の人は肌が乾燥しており、かさついています。
かさついた肌を保護するためには保湿ケアと書かれているクリームや化粧品を使って保護することで大きな改善策になります。

ただここで注意が必要ですが、乾燥肌の人は元々肌の機能が弱って肌が荒れやすくなっているため、肌に優しいもしくは敏感肌と書かれているクリームや化粧品も考えながら購入することをおすすめします。

ここで乾燥肌だけれど成分が合わないクリームや化粧品を使っていると肌の機能は衰えてしまいます。保湿専門に行える化粧品がいいです。

アンチエイジングを意識する

普段大事なことはアンチエイジングを意識することです。

アンチエイジングとは普段いつも化粧を塗り合わせて肌をごまかすのではなく、肌の根元からきれいにして肌を保護して乾燥している肌や美容を行うことをアンチエイジングと言います。

むやみに化粧品を使いすぎたり、肉などを多く食べていると栄養も肌の機能のバランスも崩れて困ってしまいます。

少しでもこの肌の衰えをなくし、肌のバランスを整えるためにもアンチエイジングは必要になります。

乾燥肌になっていると他の肌のトラブルもなりやすくなります。

まとめ

常に栄養のことを意識するように考えます。

ビタミンCを取るためには甘い果物よりもみかんやりんごなどの酸っぱい果物がおすすめです。

保湿ケアも肌を保護するのも大事ですが、唇や目など細かなところにも注目が必要になります。

唇に関しては保湿用のリップケアを行い、目のケアには水分を体の中から補う方法がいいです。

ただあまりにも気にしてせっかくケアしているところをかいてしまったり、こすってしまうと余計に荒れてしまいます。

ケアしているところはなるべく手で触らないようにするのが良いでしょう。

Copyright© Coyori(こより)を試してみた!レビューブログ , 2018 All Rights Reserved.